スコアアップ練習法 メトロノーム編

こんにちは!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセです。

さて今回は「スコアアップ練習法/メトロノーム編」をご紹介します。
スイングのリズムやタイミングについて、皆さんはどのような目安がありますか?

マッシーはプレショットルーティンで、
ボールの後方から目標を確認して
歩き出すところからカウントスタートして、
11~12秒以内に打つのを目安にプレーをしてます!

いかがですか?
上の動画はアドレスに入ってからなので、約6秒くらいで打ってますね(笑)
このリズムは、アイアンのショットも同様です。
打つまで少し早いですが、これが自分のリズムになっています。

ちなみに、アドレスしてからクラブヘッドを地面に着けて
4秒以上動かないと筋肉の硬直が始まり、動きにくくなるんですよ!
要するに、リズムやタイミングが良くないと言う事につながりますよね。
これがスイングの再現性を損なうため、ミスショットの原因になります。

そこで「スコアアップ練習法/メトロノーム編」として、リズムやタイミングで
再現性の高いスイングが出来るように「メトロノーム」を使用して練習します。

無料のアプリがありますので、どれか一つ選んでダウンロードしてください。

設定でリズムは4分の3拍子を選びます。
いち にぃ~ さん♪
いち にぃ~ さん♪
こんなリズムになります(笑)

スピードは60~90を目安に、自分の得意なスピードを探してください。
例えば、得意なクラブが7番アイアンでスピードが72でタイミングが合い、
良いショットが繰り返し出来るとします。
そうしたら、他のクラブもこのタイミングとスピードで打てるように練習します。
クラブが長くなると、同じリズムでもクラブスピードは速くなります。
逆に、クラブが短くなるとゆっくりに感じます。
アプローチが苦手な方も、ハーフスイングでスイングリズムを作ってみてください。
距離感も安定してきますよ!
これがすべてのクラブで出来てくると、
ゴルフレンジ(インドア)⇒ ドライビングレンジ(練習場)⇒ ゴルフコース
場所が変わっても自分のスイングが出来るようになり、スコアアップにつながります。

メトロノームでリズムが一定になってきたら、
プレショットルーティンと組み合わせてください。
目安は、15秒前後です。
もちろん1w~パッティングまで同じリズムです。
ゴルフ場で緊張しやすい方も、プレショットルーティンの秒数を意識すると
緊張の中でも良いショットが出来るようになりますよ!
特にラウンドの前日は、リズムやタイミングを確認する練習をしてくださいね!

また、飛距離アップを狙うための練習としてもメトロノームを使います。

上の写真のように、スピードを90やそれ以上にセットします。
このスピードに合わせてスイングします。
当然のことながら、バックスイングも早くなりますが(^^;)
それ以上にインパクトに向けての体の回転も速くなります!
注意)自分のリズムでミート率がアップしてから行ってください。

逆にスイングリズムが早くなる方は、
メトロノームスピードを60くらいで、すべてのクラブでスイング練習を行ってください。

コースでラウンドしている時に
「スイング早いんじゃない?」
など同伴プレーヤーから言われたことはありませんか?
早いと言っても自覚症状がないので、困りますよね😢

要するに、練習場で同じクラブで何球かスイングして良いショットが出ていても、
コースで出ない方は「スイングリズム」が練習と違うと思います。
当然コースでは状況によりクラブを替えるので、苦手なクラブも使用する事があれば、
徐々にリズムがずれてきます。
どのクラブもまんべんなく使いこなす事が、スコアアップにつながります。
それにはリズムとタイミングを意識した練習「メトロノーム」の活用をお勧めします。

もしドライビングレンジ(練習場)でメトロノームを使用する場合は、
イヤフォンを使用してくださいね!
前後の打席の方に、ご迷惑をかける事になりますので(笑)

いち にぃ~ さん♪
いち にぃ~ さん♪ 

ちゃ~ しゅ~ めん
ちゃ~ しゅ~ めん (笑)

「スコアアップ練習法/メトロノーム編」は、いかがでしたか?

リズムの取り方は人それぞれ!
皆さんのリズムは?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様のゴルフライフをサポートさせていただきます!
青砥店、葛西店、松戸でレッスンを行っています。
ご希望の方はHPから体験レッスンの予約をお待ちしています!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセでした。
https://www.gutsgolf.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です