スコアアップ 傾斜からのショット/左足下がり編2

こんにちは!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセです。

さて今回は「左足下がり/垂直編」をご紹介します。
本当にこの傾斜からのショットは難しいですよね(^^;)
但し、この傾斜を克服できると「バンカーショット」や「ピッチショット」など
高い球を打つテクニックが身につきますので頑張りましょう!

ではアドレスから!

出来るだけアドレスでは頭が左足の上に来るくらいに!

右足を上げて立てるようなアドレスを作ります。
グリップは少し短く握ります。
ボールの位置もスタンスの真ん中から左足寄りにします。
注)右足寄りにボールをセットする時は、低い球を打つ時です。

トップでも、左足体重と軸が動かないように!

通常のスイングのトップよりはコンパクトになります。
左足もアドレスの位置から出来るだけ動かない!
ここで体重が右足寄りに動くと、ミスショットになります。

インパクトでは、左足を軸に体を回転します。

この時に頭を残そうとしてスイング軸が右に傾かないようにしましょう!
逆に頭が目標方向に動くくらいで回転できると良いです!

フィニッシュは、左足で真っ直ぐ立てるのがポイントです。

この時も通常のスイング時のフィニッシュよりも、手の位置は低くなって構いません。
高いフィニッシュをとると、スイング軸が右に傾きトップボールが出やすくなります。
垂直で打てると、直角よりも高いボールが出るようになります。

いかがですか?
皆さんは日頃のラウンドで、左足下がりからのショットは克服できていますか?
難易度の高い「左足下がりの傾斜からのショット」
アドレスで「直角」と「垂直」を使い分けて対応してください。
ポイントは、
・グリップは少し短く。
・アドレスは左足を軸に立つ。
・バックスイングで、右に体重の移動をしない。
・フィニッシュは低く、左足で立てるように回転する!

スコアアップの為にも、ぜひ左足下がりの傾斜からのショットを克服してください!
青砥校では8月のレッスンで「左足下がり」と「左足上がり」の傾斜化からのショットを
重点的に行います。
傾斜からのショットを克服したい方や、まだコースデビューしていない方は是非体験に来てください!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様のゴルフライフをサポートさせていただきます!
青砥店、葛西店、松戸でレッスンを行っています。
ご希望の方はHPから体験レッスンの予約をお待ちしています!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセでした。
https://www.gutsgolf.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。