スコアアップ 傾斜からのショット練習/つま先上がり編

こんにちは!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセです。

いきなり夏がやって来ましたね(^^;)
暑熱順化を行って、夏ゴルフに備えましょう!

さて今回は「スコアアップ 傾斜からのショット練習」をご紹介します。
基本の傾斜は、
つま先上がり・つま先下がり・左足下がり・左足上がりの4種類です。
スコアアップには、それぞれの傾斜に適したクラブ選択や方向の設定が必要です。

そこで皆さんに傾斜からのショットの攻略ポイントをご紹介します!
今回は「つま先上がりの傾斜」からのショットをご紹介します。

先ずは「つま先上がりの傾斜」からのショットはフックしやすいのが特徴です。
アドレスのポイントは、
体重はつま先体重で、グリップは少し短めに持ち、目標よりも少し右を狙います。
そしてフラットな場所でのアドレスと出来るだけ変わらないアドレスをします。

傾斜にクラブをソールしても、アドレスのグリップポジションは上がらないように!
これがショットの成功率をUPさせます!

※クラブヘッドを赤丸の位置にしても、グリップポジションは変わりません。

この傾斜からのショットでは、写真の緑のラインにスイングプレーンを作るイメージが大切です。

トップの位置では、緑のラインと同じか少し上にグリップが上がるように!
ラインの下に見えるのは、フラットなスイングで横振りになるので、
ボールコントロールが難しくなります。

インパクトでも、アドレスの前回姿勢をキープすることが大切です。
※手元が浮いてしまうと前傾姿勢も起き上がるので、ミスショットの原因になります。

フニッシュでも、緑のラインよりも高い位置に振り終わるようにしましょう。
ラインよりも低い場合は、ボールが極端に左に飛んでしまいます。

いかがですか?
皆さんは、どのようにスイングしてましたか?
この形で「つま先上がりの傾斜」からショットできると・・・
ボールが高く上がる!
ボールが左に行きにくい!
ライによっては、FwやUTも使える!

いきなり現場で行うのは、かなり難易度が高いかもしれませんね(笑)
GUTS GOLF TEAM青砥校/葛西校では、傾斜台を用意してます。
傾斜からのショットを克服したい方は、ぜひご来店ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様のゴルフライフをサポートさせていただきます!
青砥店、葛西店、松戸でレッスンを行っています。
ご希望の方はHPから体験レッスンの予約をお待ちしています!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセでした。
https://www.gutsgolf.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。