スコアアップ 傾斜からのショット練習/左足下がり編

こんにちは!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセです。

練習とラウンドは、計画的に行えていますか?
夏のゴルフは、ラフもきつくなり・・・
スコアメイクするのに苦労しますよね(^^;)
それに加えて、傾斜からのショットとなると大変!
傾斜別の対応を、しっかり頭に入れてスコアアップしていきましょう!

今回は「左足下がり編」をご紹介します。
この傾斜からのショットは、難易度が高いですよね(^^;)
・ボールが上がりずらい。
・ダフッたり、トップしやすい。
・方向が定まらない。

さて皆さんは、どのように対応してますか?
今回は「直角/傾斜なり」と「垂直」の2つの攻略法をご紹介します。
では「直角/傾斜なり」をご紹介します。
ここで言う「直角/傾斜なり」とは、
傾斜の斜度に応じてアドレスのスイング軸を傾斜に合わせる。
ボールの位置は、スタンスの真ん中からやや左足寄りです。
注)スタンスの右に置くと、ボールが上がりにくくなります。

写真のように、頭ごと左に傾く事がポイントです。
左足に多く体重をかけるだけでは、
スイング軸が直角/傾斜なりになっているとは限りません。

トップでは、左足体重のままに!
ここで右足に体重が移動すると、ミスショットの原因になります。


インパクトでは、左足を軸に体を回転させて行きます。
斜度に応じたスイング軸でインパクトするので、その分ボールの出だしは低くなります。

フォロースルーからフィニッシュでは、通常のスイングのように
手や腕は高く振り上げず、スイング軸を保つ意識が大切です。

場合に寄っては、右足が一歩前へ出てもOK!

バランスを取ろうとして、頭が右に動いてしまうのはNGです。
アドレスの時点で、フィニッシュでは一歩前に出る動きをイメージしておくことも、
左足下がりの傾斜からのショットを成功させるポイントです!

傾斜の基本4方向の中で、左足下がりの傾斜からのショットは難易度が一番高いです。
成功させるポイントは、
・アドレスの姿勢をしっかり決める。
・ボールが上がりやすいクラブを選択する。
・フィニッシュは低い姿勢で、伸びあがらない!

皆様のスコアアップに、参考になれば幸いです。
次回は「左足上がり/垂直」の打ち方をご紹介します。

なを8月の青砥校では「左足下がりの傾斜」と「左足上がりの傾斜」を重点に練習します。
傾斜からのショットが苦手な方は、この機会に是非ご利用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様のゴルフライフをサポートさせていただきます!
青砥店、葛西店、松戸でレッスンを行っています。
ご希望の方はHPから体験レッスンの予約をお待ちしています!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセでした。
https://www.gutsgolf.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。