スコアアップ 傾斜からのショット練習/つま先下がり編

こんにちは!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセです。

さて今回は「スコアアップ 傾斜からのショット/つま先下がり編」をご紹介します。
この傾斜でのミスショットは、よく見かけますよね(^^;)
つま先上がりの傾斜のように、飛距離が出しにくいのが理解できていないといけません。

それでは、つま先下がりの傾斜からのショットの攻略ポイントをご紹介します。
アドレスではかかと寄りに体重を乗せます。
グリップは通常の長さで構いません。
※短く持つと、低いボールに余計に届かなくなります。
ボールはスライスしやすいので、目標よりも少し左を狙います。
背筋を伸ばして、股関節とひざの角度を調整してボールに構えます。
この時に出来るだけ前傾姿勢は深くなり過ぎないように注意してください。
腰痛の原因になります(^^;)

セットした前傾姿勢がフォロースルーまでキープできるようにスイングします。
さらに緑の丸印の頭と左ひざの高さが変わらないようにスイングします。

トップの位置も、コンパクトに!!

インパクトは、足腰の回転を抑えめにして、腕の振りを多く使います。

フォロースルーで、この写真くらいまでは頭と左ひざが伸びないように!

フィニッシュでは、アドレスよりも少し伸びても構いませんが、
通常のショットのフィニッシュにはなりません。

いかがですか?
アドレス ⇒ トップ ⇒ インパクト ⇒ フォロースルー
上記の4点で伸びあがらないようにすることが、
つま先下がりの傾斜からのショットを成功させるポイントです!
無理して飛距離を出そうとすると体が回り伸びあがりやすくなる為、
トップボールがでやすく、欲張ると空振りまであるのでご注意を(笑)
またスライスする度合いは、クラブによって異なります。
ショートアイアンほどスライスの度合いは少なくなります。

コースで、つま先下がりの傾斜からのショット場面がやってきたら・・・
かかと体重で
グリップは通常の長さで
かかと体重で
アドレスの高さがフォロースルーまで伸びあがらないように
飛距離を欲張らずに
体の回転よりも腕の振りを多く使うのがポイントです!

<特訓方法>
バランスディスクの上に乗って、ボールを打つ練習をしましょう!
フィニッシュしても、バランスディスクに乗っていられるのがポイントです!

つま先下がりの傾斜からのショットを成功させてスコアアップしましょう!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
皆様のゴルフライフをサポートさせていただきます!
青砥店、葛西店、松戸でレッスンを行っています。
ご希望の方はHPから体験レッスンの予約をお待ちしています!
GUTS GOLF TEAMのマッシー・ヒロセでした。
https://www.gutsgolf.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。