TOPICS

体験レッスン会レポート – セントラルウェルネスクラブ京成小岩

体験レッスン会レポート – セントラルウェルネスクラブ京成小岩

GUTS GOLF TEAMの宮原です。

本当に良く降る雨の日々、肌寒く感じる陽気となりましたが、この雨もおさまればきっと秋晴れの爽やかなゴルフシーズンとなるでしょう。どうぞ体調に気をつけて秋のゴルフを楽しまれてください。

いつになっても緊張の体験レッスン

9月16日(水)から「セントラルウェルネスクラブ京成小岩」のゴルフスクール新規開講前の体験レッスン会がはじまりました。おかげさまで、多くの方からの参加申込を頂き、活気あるゴルフレンジとなっております。水曜日の体験レッスン会は、わたし宮原が担当させていただき、ゴルフがまったく初めてという女性の方から50年以上のベテランの方とキャリアも年代も様々な方へレッスンをさせていただきました。体験レッスンを通して皆さまと接する事、実は一番緊張するレッスンでもあります。はじめてお目にかかる方へのコミュニケーションをしっかりとれるのか!ゴルフに対する希望や悩みにちゃんと答えることが出来るのか!長年レッスンに従事していても体験レッスンは、しっかり緊張します。

体験レッスン会2日目となる9月17日(木)、担当は広瀨浩一プロ。
どんな体験レッスン?をお届けします。

笑顔とドリルで悩みを解決

広瀬プロをよくご存じの方ならおわかりになると思いますが、彼の笑顔は優しい笑顔(^o^)細~い目が、もっと細~くなっちゃいます。おっかない顔でレッスンされるより、やっぱり笑顔がイイですよね!説明もゆっくりわかりやすく、一人一人の話をしっかり聞いてアドバイス。
あの有名な倉本昌弘プロにソックリ!仲間からもマッシーと呼ばれています。
そのうち広瀬プロの暴露話でも書いちゃいましょうか(^w^)

広瀨浩一プロ
笑顔でレッスン

シャフトを置いてどうするの?


バックスイングが少々フラット気味になり、重心移動のズレを修正するために一本のシャフトを出してアドバイス。


ゴルフスイングの体の動きを単純に表現すると縦(腕の動き)と横(回転運動)になります。
腕の動きが縦ではなく横になると上半身がボールに近づくような姿勢となり、回転運動がスムーズに行えません。プレーヤーにとっては、腕を横に動かした方が肩の周辺が引っ張られる感じになり、体が回っていると思うのでしょう。
しかしそれは勘違い!

「ん?」と思われた方、ぜひセントラルウェルネスクラブ京成小岩のゴルフスクールでお待ちしております。

コンタクト

*
*
* (公開されません)

Return Top