TOPICS

傾斜からのショット練習/つま先上がり編

こんにちは!

ゴルフの調子はいかがですか?

さて今回は「つま先上がりの傾斜からのショット」の打ち方をご紹介します!

<手順1> グリップは傾斜により短く持つ。

<手順2> アドレスはつま先寄りに体重をかけ、平地とできるだけ同じ姿勢に!

注意)ボールの位置が高くなるとフェースは左を向きフックします。

<手順3> トップオブスイングのクラブの位置は右肩の上を目安に上げる!

※フックの度合いが強くなるので、出来るだけフラットなスイングにならないように!

<手順4>フィニッシュは左足1本で立ち、クラブは左肩の上を目安にスイングする!

<まとめ>

つま先上がりの斜面からのショットは比較的ボールが上がりやすいので、ラウンドでは

ミスショットに気が付きにくい方が多いようです。

また飛距離を出せる場面でも「傾斜だから無理をしない」「出すだけ」のように、ボールの

曲がりが予想できずにグリーンを狙うのをあきらめている方も多いようです。

今回のアドバイスのように「フラットにスイングしない!」と聞くと疑問に思う方もいらっし

ゃると思います。

両腕の絞り(肘の内側が上を向く状態)をスイング中保つことで、クラブのトゥダウンとフェー

スローテーションを防ぎ、つま先上がりの斜面からでも平地からのスイングを行えるため、飛距離

を出すことができボールの曲がりも計算ができるようになります。

手順2の写真でクラブフェースの向きを示す棒の向きを確認ください。

写真は7番アイアンです。

ショートアイアン(9I/Pw/Swなど)ほど棒の向きは左を向くようになります。

逆にUTやFwなどは棒があまり左を向きませんので、アドレスの際に確認を忘れずに!

 

セントラルフィットネスクラブ青砥店のゴルフスクールでは、6月の全体テーマとして

「つま先上がりの斜面からのショット」を練習しています。

7月は「左足下がりの斜面からのショット」を行います!

またセントラルウェルネスクラブ京成小岩店でも「傾斜からのショット」のレッスンも

受付していますので、スコアアップにぜひご利用ください!

レッスンのご希望やゴルフスクールへのご入会は、セントラルスポーツの各店舗へ電話で

お問い合わせください!

皆様のゴルフの目標達成をお手伝いさせていただきます!

 

 

 

 

コンタクト

*
*
* (公開されません)

Return Top