コンバインドプレーン理論に基づくゴルフスイング構築法

セントラルフィットネス青砥、セントラルウェルネスクラブ京成小岩でのゴルフスクールは、コンバインドプレーン理論に基づいたレッスンを実施しています。

コンバインドプレーン理論は、筑波大学博士号(体育学科)を取得した「安藤秀(あんどうしゅう)氏」が研究開発したゴルフスイング理論で、ゴルフがはじめての方、長年のスイングのくせに悩む方、全てのゴルファーにとってわかりやすく習得しやすいゴルフスイングの構築法となっています。

コンバインドプレーン理論とは?

「コンバインドプレーン理論」とは、「腕の縦の動き」と「体の横の回転」を合成した「コンバインドプレーンイメージ」に基づいてスイングを構築するという考えです。

腕の縦の動き+体の横の回転→コンバインドプレーンイメージ

コンバインドプレーンイメージ

コンバインドプレーンイメージ

上級者のゴルフスイングではスイング中のクラブシャフトが美しい平面を描くということが写真技術の発達により1930年代に発見されました。その後、ベン・ホーガンがこのイメージを一枚のガラス板にたとえ、多くの人のスイング学習を助けたのです。しかし、この一枚の平面にたとえたスイング習得イメージはゴルフクラブとスイングの変化によって近年主流となっているスイングの学習には適さなくなってしまったのです。そこで世界のティーチングプロ達が多くのスイングイメージを考案してきたのですが、どのイメージにも何らかの問題点がありました。そんな中、日本の筑波大学大学院で安藤秀プロによって研究開発されたのがコンバインドプレーンイメージなのです。

コンバインドプレーンイメージによるスイング学習→プレーヤー各自のクラブごとのスイング軌道が作れる

このコンバインドプレーンイメーシを使ったスイング習得では、「腕の動きが作る縦のスイングプレーン(A)及び(C)」と「体の回転が作るスイングプレーン(B)」の合成でゴルフスイングを習得していきますが、各プレーンの連結部分はクラブの慣性や勢によって丸みを帯び、個人個人の体力に適したスイング軌道に変わっていきます。そして、さらにこの軌道は使うクラブによっても自然に変わるようになります。つまり、コンバインドプレーンイメージは、「実際のスイング軌道」から「プレーヤー自身が調整できないクラブに加わる力(慣性、勢い等)」を引いた「プレーヤー自身の意図的なクラブの動かし方」のイメージなのです。

皆さんもぜひコンバインドプレーン理論をベースにゴルフスイングを習得しましょう。
Return Top